茶々っとブログ!

2014年03月23日

タワーマンション内茶室リフォーム完成!

3月21日 春分の日
タワーマンションの茶室リフォームが完成しました。
そして、そのお引き渡しの日です。

今回の施工に携わった大工さん、設計担当者と一緒に、お客様に施工内容の説明と検査を進めていきます。
リビングから、茶室へ。
板床に段差を作り少し上げてそこに茶室の顔であるにじり口を設け、そこから、四畳半本勝手の茶室に入って行きます。
入り口左手側には、太鼓襖の茶道口を作り、亭主と客の導線を区別しました。
水屋はにじり口の脇に造作し、客の席入りがすんだら、水屋手前の引き戸を開け、水屋を使用するというマンションという限られたスペースでの使い勝手の工夫を入れました。

リビングの引き戸を開けると、にじり口と連子窓、そして茶道口が出現!
非日常の空間が現れます。

スカイツリーを借景にした、茶室内からの眺望は、夜の茶事には、最高だと思います。
設計デザインと施工の大工さんとのチームワークで施工した、マンション茶室。

無事、お引き渡しも終了し、
出来たての茶室で、お客様が我々の為に、手作りの素晴らしい懐石と茶、菓子を振る舞って頂きました。

とても、感謝し感激でした。

P1070312.JPG
リビングから茶室へ

dsc02940.jpg
にじり口脇のスペースに水屋を造作する

P1070338.JPG
茶道口の様子(リビング側より)

P1070351.JPG
茶室内の様子(茶道口より)

P1070358.JPG
床の間

P1070329.JPG
茶室からスカイツリーが!

dsc02953.jpg
茶室内(四畳半本勝手)

dsc03002.jpg
施工の大工さんと共に、茶席でもてなしをうけました!!
posted by 堀 一孝 at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月11日

タワーマンション茶室リフォーム 経過その2

3月11日(火)

3月に入っても、まだまだ寒い日が続いてますが・・・

タワーマンションの茶室リフォームも、壁下地が仕上がり現在左官作業に入っております、
茶室入口の脇に小さな水屋をしつらえました。
ほんとにちっちゃなミニサイズの水屋ですが、壁は左官仕上げで、けんどん式の天袋がつき、作業性の向上を工夫で少しアップさせ、ナイスな水屋に仕上がりそうです。

マンションの6畳(団地サイズ)の和室を改修し、にじり口を造り水屋を造作する。
少し欲張りな感じがしますが、各々のバランスと水屋の作業性を考えながら茶室全体をデザインし、造り込んで行く作業。
魔法が使えると良いんだけど・・・・。
o単位で収まりを検討しながら、大工さんと綿密に協議しデティールを決めて行きます。

茶室完成後の、お客様のお喜びになる姿を想像しながら、職人さんと共に茶室を造り上げていきます。
追ってまた御報告致します。

P1070238.JPG
廊下奥にちっちゃな水屋を造る

P1070245.JPG
床の間と天井のバランス

P1070248.JPG
タワーマンション 外の光を大きく取り入れる工夫

posted by 堀 一孝 at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月06日

茅葺ゴンジロウで交流茶会

3月4日(火)千葉県館山市
快晴で、とてもいいお天気。風もなく、すこしぽかぽか。
南房総は春の陽気で、早桜も咲いております。

今年も、やりました!
毎年ほぼ恒例になってきた「かや茶会」
千葉大学岡部研究室のプロジェクトの一環で、館山市塩見地区の茅葺の民家で、地域の皆さんとの交流イベントの茶会。
今年は、一昨日から開催されていた、交流イベントに参加していた留学生の方も茶会に参加され、インターナショナルな交流茶会になりました。

今回の茶会のテーマは、参加型茶会体験。
千葉大岡部研の学生さんと共に、茶室作りからはじまるワークショップな形式で、参加型茶会というスタイルをとり、客も茶を点て、一期一会の時間と空間を作り上げようという実験的な茶会でありました。

地元の方、大学の先生、留学生、学生そして茅葺の職人さんなど、入り乱れての参加型茶会
囲炉裏を囲んで、茶室を組んで行きます。
なので、亭主と客が茶室の中で囲炉裏を中心に茶を楽しむ空間。

囲炉裏には五徳に鉄瓶を掛け、炭で湯を沸かします。
菓子は、乾燥芋を炭であぶり、アツアツを頂いてから、おもむろに瓶掛け点前で、茶をたて振舞います。
その後、お客の皆さんにも、それぞれ抹茶を点てて頂き、隣客に茶をお出ししました。
ゆるゆると和やかに茶会が進んで行きます。

茅葺の室内オープンスペースに組立式茶室。そこで囲炉裏を囲んだ茶会。
ゆったり、まったりと国際交流の時間が過ぎていきました。

千葉大岡部研究室のブログにもアップされてます
  ↓
http://urbanlab.tu.chiba-u.ac.jp/okabe/tateyama/

P1070182.JPG
茶会会場の茅葺民家 


P1070209.JPG
茅葺民家に、茶室が出現

P1070217.JPG
囲炉裏を囲み、組立式の茶室を設営

P1070223.JPG
茶会の様子です

P1070226.JPG
留学生の皆さん 初めての茶会体験です

P1070229.JPG
茶会の始まりは、干し芋を囲炉裏で焼いてから

P1070232.JPG
瓶掛けと菓子(干し芋、豆)で、わびさびの心を留学生に知ってもらいました・・・

posted by 堀 一孝 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする