茶々っとブログ!

2014年04月29日

春の総会!

4月27日(日)長岡グランドホテル
大型連休前半の天気の良い日曜日、石州流野村派・遠州古流北越派一瓢会総会が開催されました。
毎年、4月の後半(つまり、大型連休の前半なのですが)に、開催されます。
同会派が一堂に集まる、春の大総会。今年は、天候に恵まれました。


予算案の審議、事業計画の発表など通常の議題の他に講演会と午後からは茶席という内容ですが、
今年の講演会は、私自ら講師となり講演を行いました。
テーマは「茶室について」
茶室の成り立ちから茶室構成、国宝茶室の解説から現代のマンション茶室まで、
パワーポイントを使って説明しました。
メニューが多すぎて、時間が足りず最後は駆け足になり、聴衆の皆さんには、申し訳ない事をしたと反省。

昼食を挟んで、午後からは茶席です。
二席あり、一席は与板石黒先生社中ともう一席は、今年から男性席を設け、私を中心に石州流野村派男性席を作りました。
男ばかりで、むさくるしい席でしたが、皆さん頑張って席を務めておりました。
来年また、再チャレンジしようと思います。

総会に出席された皆様、お疲れ様でした!

SN3U0053.JPG
自ら講師となった講演会の様子
テーマは「茶室について」
国宝「如庵」「待庵」重文「慈光院 高林庵」の解説も

SN3U0044.JPG
花道部の皆さんに、文字通り「花」を添えて頂きました
今回はカキツバタに統一 美しい!

P1070488.JPG
茶席「男席」の軸です
大綱和尚筆「日々是好日」

P1070490.JPG
釜は東陽坊 水指は青備前 結界は流木

P1070485.JPG
煙草盆です 

P1070492.JPG
無事茶席を務める事ができました。
お疲れ様です!

posted by 堀 一孝 at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月26日

モデルルームで、茶会!

4月25日(金)、大型連休直前
新潟市内の某ハウスメーカーさんのモデルルームをお借りして、
ちょっとした、茶会を開催しました。
気軽にいつでもどこでもというコンセプトの元、開発した試作点茶テーブルを使用して、撮影を兼ねての茶会でした。
素晴らしいモデルルームのリビングスペースに点茶テーブルを組み、テーブル席にお客様に座って頂きます。
正座ではなく、テーブル。
フォーマルではなく、カジュアル。

春の陽が差し込むリビングスペースに、ゆったりとした時間がながれ
撮影と言うこともついつい忘れ、茶会を楽しました。

御協力頂いた、ハウスメーカー様、ありがとうございました。

P1070477.JPG
モデルルーム入口です

P1070476.JPG
気持ちのいい中庭 ここでの茶会もOKです

662036.JPG
リビングで茶会

663030.JPG
点茶テーブルで点前です

663041.JPG
お客様、初めての茶会体験でした。

posted by 堀 一孝 at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月16日

男の茶 茶楽”夕ざりの茶会

4月13日(日)長岡市
朝日酒造株式会社 松籟閣において、茶楽茶会が開催されました。
”茶楽”は、流派を超えた男の茶道集団で、毎年趣向を凝らした茶会を開催しております。
今回は、その第5回目。趣向は夕ざりの茶会で、テーマは”想い”

日が少し長くなってきた4月のトワイライト
あたりが薄暗くなってきた、時刻
ある人を、想いながら一碗の茶を頂く

ごつい男の集団に不釣り合いの、”純”なテーマで、今回は臨みました。
参加頂いたお客様は、120名
午後3時スタートで、夜9時まで。席中は明かりを灯しながらの進行となりました。

点前は、と言うと、
手燭は在りますが、暗く手元が見えない中での濃茶点前
濃茶を練る手先の感覚と立ち上がってくる茶の香りで、練り具合を判断して行かなければなりません。

茶席の雰囲気も、いつもの茶会とは違い、
別の意味で、緊張感のある茶会でした。

夜は、人を狂気にさせる・・・

参加された皆様、ありあがとうございました。
そしてスタッフの皆様、お疲れ様でした。

P1070405.jpg
第5回茶楽”夕ざり茶会”会記

P1070406.jpg
薄茶席床の間

P1070408.jpg
濃茶席点前座道具組

P1070410.jpg
濃茶席手取吊り釜

P1070386.jpg
濃茶席床の間 軸は貞心尼消息

P1070385.jpg
凛々しい男の点前

P1070431.jpg
茶席の様子

P1070441.jpg
茶楽メンバーと長岡技術科学大学茶道部のみなさん

posted by 堀 一孝 at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。