茶々っとブログ!

2014年05月27日

能楽師とジャズピアニストとの出会い!

金春流能楽師山井綱雄さんとジャズピアニスト木原健太郎さんとの出会いがありました!

出会いの場は、東京練馬にある老舗呉服店の小間四畳半茶室。
呉服店主人の計らいで、お二人をお迎えし茶会を開催することなりました。

釜の湯の沸く音、足袋と畳の摺れる音、湯を茶碗に注ぐ音、茶を点てる茶筅の音とともに、
静粛な時が流れていきます。

亭主 「菓子をどうぞ!」
客  「頂戴いたします」
亭主  「ご一服どうぞ!」
客  「頂戴いたします。
     結構なお点前でございます」
会話は少ないですが、客と亭主、気持ちのやり取りがそこにあります。
お二方とも、ジャンルこそ違いますが、互いに表現者です。
初めての茶の点前を見て、感ずるところがあったと思います。

静かなときが流れ、お互いに気持ちが通じる瞬間がありました。
出会いに、感謝したいと思います。

この思いをコラボレーションという形にして(ある意味、異種格闘技)、皆様にぜひ見て頂きたいと思い、
新たな企画が実現しました。
とき:7月13日(日) 白瀧呉服店 第11回白瀧文化祭
     http://www.kimono-shirataki.com/main.html

ご興味のある方は、どうぞご来場ください。
  ↓
白瀧文化祭縁チラシ.jpg

能楽師山井綱雄さんのページ
http://www.yamaitsunao.com/index.html

ジャズピアニスト 木原健太郎さんのページ
http://kentarokihara.net/



posted by 堀 一孝 at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月23日

成城に素晴らしい茶室が・・

小田急線成城学園前徒歩6分

閑静な住宅街の中に、素晴らしい茶室があります。
建築家吉田五十八氏(1894〜1974)設計の旧猪俣邸住宅で、現在は世田谷区が管理しておりますが、普段は一般開放されており、だれでも見学できます。

数奇屋建築の近代化に努めた、吉田五十八氏。日本家屋でありながら洗練されモダンな感じがしますが、その空間は、落ち着いた時間が流れているようです。
茶室も細部まで計算されて作られていますが、それを感じさせない素材の絶妙なバランスで構成されています。
人と人の距離が縮まる極小茶室空間。しかしそこは奥行きと広がりのある宇宙空間のようです。
茶室は時間と空間を飛び越えていくのでしょうか・・・・。
「緊張とゆったり!」
そんなことを感じた場所でした。

DSC_0384.jpg
四畳半茶室の床の間

DSC_0385.jpg
にじり口と貴人口  にじり口脇の窓を大きく取っているのが特徴的

DSC_0386.jpg
掛けこみ天井と突き上げ窓
壁と天井のバランスが素晴らしい

DSC_0405.jpg
茶室外観 新緑の季節 周りの緑に囲まれている

DSC_0406.jpg
中門  庭園からここを潜り抜けると 茶室ワールドが広がっている!

posted by 堀 一孝 at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月14日

第12回 朝日茶会

5月11日(日) 快晴

今年も、やってきました!
毎年恒例の5月の第2日曜日。
日本酒「久保田」で有名な、新潟県長岡市にある、朝日酒造株式会社様で盛大な茶会が催させれます。
お客様の参加人数は500名程、毎年多くのお客様が、茶会に参加されます。
この日の天気予報は「雨」・・・・
でしたが、
見事な快晴で、絶好の天気。
お出かけには、最高の日和で日中は少し汗ばむくらいです。
新緑のこの季節、とても、すがすがしい!

茶席は3席で、
・松籟閣 濃茶席 
    席主:川口宗伊
・エントランスホール 薄茶席
    席主:廣岡慶吉
・もみじ園 薄茶席
    席主:堀 一孝
そして、点心と昨年から特別企画「朝日工藝会」メンバーによる
工藝展も併設されてます。
  ↓
http://www.asahi-shuzo.co.jp/news/log/eid4646.html
 朝日工藝会メンバー(敬称略)
  釜    長野新
  布目象嵌 鹿島和生
  漆芸   田口義明
  陶芸   佐藤典克
  陶芸   田中隆史
  竹芸   藤塚松星

の布陣で、茶会が行われました。
お天気にも恵まれ、多くのお客様でにぎわう一日、新緑の朝日茶会となりました。

P1070564.JPG
薄茶席が設けれられた、「もみじ園」中門

P1070522.JPG
茶会が始まる前の席の様子 庭の青楓がとても素晴らしい!

P1070520.JPG
道具組です。長板に青竹結界 

P1070551.JPG
薄茶席 茶席の様子です

P1070539.JPG
大勢のお客様 席が込入ってて、申し訳ありません

P1070523.JPG
水屋の様子です。 裏方はてんてこ舞い

P1070563.JPG
おつかれさまでした!

posted by 堀 一孝 at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする