茶々っとブログ!

2015年02月19日

〜新しい茶会のかたち〜

しかしまぁ、久々のブログ更新です。
今年まだ2回目で、申し訳ない・・

1月24日に大坂で茶会をやりました。
遅くなりましたが、そのご報告をさせて頂きたいと思います


1月24日(土)大坂市中央区伏見町
伏見ビル3Fサロンにて
http://fushimisalon.com/salon.html

参加人数は、50人で各席10名程
こじんまりとしたアットホームな“もてなし”でした。
今回は、洋室ギャラリーなので、椅子で座って出来る立礼卓を使用しての茶会です。

現代のライフスタイルの中にある“茶会”というテーマで、
茶会名は
「座・茶会」〜椅子で寛いでお茶を〜

今回亭主は2名で、それぞれが、それぞれの形で、客をもてなしました。
まずは、私が立礼卓での点前を披露し薄茶を点てます。
長岡の菓子と共に宇治の生産農家さんから直接取り寄せした挽きたての抹茶を楽しんで頂きます。
すがすがしい味わいのある、オーガニックな抹茶です。
しばし茶を楽しんだあと・・
中立ち、席替え、テーブルを出して席を用意

再度席入りで、
お客様はテーブルを囲むようにして座ります。

そして、もう一人の亭主(国富さん)が登場し、立礼卓に着座。
珈琲豆(エチオピア産)をすり鉢で挽き始めます。
ゴリゴリ、ゴリゴリ・・・
珈琲のいい香りが茶席の中に立ち込めて、土曜の昼下がり、ゆっくりと時間がながれます。

沸々、沸々・・
釜の湯が沸き、珈琲豆挽きも終わりにさしかかり、豆が粉状に細かく変わっていきます。
カップを暖め、珈琲をドリップしていきます。
今回は紅茶用のティメーカーを利用し、ゆっくりと湯をそそぎ珈琲をいれます。
3分ほど

珈琲の入った小さなカップをお客様のテーブルに置き、
ゆっくり味わっていただきました。
菓子は、神戸のチョコレート

今回は、ギャラリーという空間で、椅子式の立礼卓を使用しての、新しい茶会のあり方を模索しました。
お客様皆様にとても喜んで頂き、茶会をやってよかったと思いました。

そして、ある種の手ごたえを感じることができました。

enjoy tea anywhere a anytime!
いつでも、どこでも茶を楽しむことが出来る場を作っていきたいと思います。

P1080353.JPG
茶会の会場です

DSC_0029.JPG
茶会のご案内

DSC_0033.JPG
立礼卓を使い、今日の茶会が始まります

DSC_0030.JPG
床の間の飾り
唐三彩の香合を中心に置き、エジプト風景の水彩画を飾る

DSC_0037.JPG
花は、侘び助
DSC_0043.JPG
水屋の様子
男ばかりでおもてなし

DSC_0065.JPG
茶釜は小ぶりな筒型

DSC_0075.JPG
茶会の様子です

DSC_0137.JPG
薄茶点前の様子
P1080384.JPG
薄茶席の様子

P1080397.JPG
もう一人の亭主、国富さんの珈琲点前、本邦初公開!

P1080416.JPG
珈琲点前その2

DSC_0073.JPG
お疲れ様でした



posted by 堀 一孝 at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。