茶々っとブログ!

2015年03月25日

茶会記 in NY その1

まだまだ冬の様相のニューヨークから帰国して、1週間・・・。
日常の生活が戻ってきました。

海外での茶会イベントは一昨年のインドネシアに続き今回で2回目なのですが、とても内容の濃いNYでの茶会イベントでした。
多くのことを学んだ今回のNYでの茶会を、茶会記というかたちで、何回かに分けて皆様にご紹介したいと思いいます。
どうぞよろしくお願いいたします。

今年の元旦
NYのあるギャラリーから、1通のEメールが届きました。
3月にニューヨークで開催される「アジア・ウィーク」というイベントで、茶会をやりたいのですが・・。
アメリカ人でも、気軽に参加できるように椅子とテーブル、立礼卓を使用して、お客様をもてなすことはできますか?

しばらく、考えました・・
以前、海外はインドネシアで茶会を開催した経験はありますが、世界の大都市、ニューヨークで茶会。
この時期、日本を留守にしていいのだろうか。
仕事のほうも諸問題が山積している状態で、会社を空けることは可能なのだろうか?
そして、茶会がはたして、NYの人に受け入れられるのだろうか?

昨年、立礼卓をデザインし試作第2弾が1月の末に完成する予定でした。
何だか、そのタイミングを待って来たような今回の話であります。
アメリカの皆さんに茶ノ湯、そして立礼卓を紹介する意味でも、今回はそのタイミングとチャンスなのもかもしれない。
ここは思い切って、折角のNYのギャラリーからのオファー、チャンスをいかそう!
と決意しました。
そして・・・

「やります!」
と、かっこ良く返事をしたのはいいのですが、とても不安になりました。

会場の下見もできませんので、茶会全体のイメージがわきません。
どうやって、茶会を開催したらいいのか、お客様をどのようにお迎えしたら良いのか・・
そして、はたして茶道具は無事に運ばれるのだろうか?

1月に連絡を頂き、開催は3月13日
時間があるようで、じつは全然ありません。
不安とあせりが先行してきました。
しかし、もうやると決めた以上、前に進むしかありません。

ということで、決まった今回のNYでの茶会イベント
追ってアップいたします。

DSC_0355.JPG

製品_1.jpg.jpg


posted by 堀 一孝 at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/416212032

この記事へのトラックバック