茶々っとブログ!

2014年11月06日

父のこと

11月1日午後8時57分。
父が亡くなりました。91歳
肺炎が原因で2年10ヶ月の長きにわたる病院での入院生活でした。
最後はやはり高齢のため力が尽きてしまいました。

偉大な父でした。
堀山城釜師の家系に育ち、後に第12代を継ぎ御釜師でありそして伝統工芸の鋳金作家
茶道石州流野村派、花道遠州古流家元という多彩な顔を思っておりました。


工房は自宅にあり、私が学生の頃はいつもそこから父がリズミカルに鏨を叩く音が聞こえていました。
そして、鋳物という厳しい仕事の環境の中で、自分を表現する作品を生み続けました。
父の手は、ごつごつとした仕事の手です。
しかし、そこから、あの繊細な流線型の、銅製花入や水指が生み出されていきました。

硬い金属に丸みを持たせ、柔らかい肌に見せていく。
鏨と鑢技術の組み合わてによって、表現された絶妙な質感と
そして、金属が持つ冷たさを柔らかなぬくもりに変えていく。
まさに父の世界が表現されています。

鋳物の世界は、型をデザインし起こす技術、金属を高温で溶かす技術、鑢で金属を磨き上げる技術、鏨で文様を浮き出す技術そして、色上げ(色付け)と多くの作業工程を経て、作品が完成しますので、とてつもなく手間と時間がかかる仕事です。
いつも真摯に仕事に向き合ってました。

多彩な顔を持っていた父でしたが、
本人の中では、それぞれの仕事が同一線上にあり繋がっていたのだと思います。
性格は朴訥として飾り気がなく、肩書きなどに興味なく、上下関係なく付き合い、気さくで、少し短気な父でありました。
多くの方に慕われておりました・・・。

大きな功績を残した父でしたが、私は、茶の道で父の後を追いながら・・道遥かではありますが、
研鑽し精進していかなければなりません。

昨日の通夜そして、本日の告別式に参列して父を見送っていただいた方々、式に花を添えて頂いた皆さん、そして弔電を頂いた皆様等々・・・。多くの皆様に支えられながら思い切り仕事をすることができた父は本当に幸せだったと思います。
ありがとうございました。

そして、安らかにお眠りください・・・。

P1080316.JPG
朧銀禽鳥組水指

P1080321.JPG
唐銅瑞鳥花入
posted by 堀 一孝 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月28日

リビングに水屋! ”マンション茶室リフォーム”

マンションの茶室リフォームが完成し、無事お客様にお引渡しをしました。

六畳本勝手下座床の茶室。

今回の茶室リフォーム、テーマは、
  ・床の間の裏に収納スペースを設ける
  ・リビングに水屋を設える
  ・仏壇を収納できる押入れを設ける
の3点でした。

リビングから茶室へ入る導線をすっきりとさせ、茶室からは、障子戸を通しての光をいれ、明るい雰囲気の茶室にしました。

床ノ間が小さめですが、磨き丸太の床柱と框をいれ、小さいながらも品良く仕上げてます。
そして、床壁の真ん中に杉柾目の板をはめ込み、底を取り外し式とし、床の間裏の収納へアクセスしやすい工夫を取り入れております。


一つ一つ、ディテールにこだわり、お客様とも会話をしながら丁寧に作り上げる茶室のリフォーム工事
施工部隊と職人とのチームワークによる茶室が完成し、
お客様にも大変喜んで頂き、我々も大変うれしく思ってます。

お客様自らの点前で、御一服頂きました。

ありがとうございました!

P1930148.jpg
茶室リフォームが完成しました。

P1930224.jpg
外のロケーションと茶室が一体となり、明るい雰囲気の茶室になりました

P1080295.JPG
床ノ間です
真ん中に杉柾目の板をはめ込み、取り外し式にし、奥に収納を設けてます

P1930175.jpg
床ノ間壁裏の収納棚の様子です

P1930131.jpg
リビング側の物入れを水屋に改良しました

P1930147.jpg
リビング全体の雰囲気を統一するために、普段はケンドン板で水屋を隠しておきます

P1930199.jpg
ご亭主が自らの点前で、一服頂きました。

posted by 堀 一孝 at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月22日

市中の山居 マンションに茶室が出現!

マンションの一室に茶室を造る施工がこのほど完成し、
無事お客様にお引渡ししました。

施工をレポートします。

<今回の茶室製作の条件として>
  ・マンション、フローリングの一室を茶室として使用できるように、改良する。
   その時に、フローリング床、壁を傷めず現状復帰できる状態の中で茶室を製作する。
   その構造ですが、、柱は自立させその天井四方に梁を通し床組みを行いました。

  ・もう一つの条件として、
   マンションの場合、どうしても収納に制約がでます。
   しかし茶道具は次第に増えていきます。
   なので、収納を出来る限り増やす工夫を行うこと。

  ・にじり口を設け、バルコニーからの客導線を作る。
   炉は本勝手と向切の両方使用できるようにする

   という条件の下、茶室造りを進めていきました。

  結果、条件を満足した、茶室を造ることができ、お客様に大変喜んで頂けました。
  
 <課題>
  茶室としての品格をどのようにして保つか・・・
    ↓
  細かいディテールにこだわり、大工や職人と綿密な打ち合わせをしながら
  仕事を進めた結果です。

 施工に携わった大工さんはじめ職方の皆様ありがとうございました!

P1920826.jpg
マンションフローリングスペースに造作した茶室(リビングより見る)
京間三畳 炉は本勝手と向切 床は蹴込床

P1920827.jpg
茶室内部の様子
にじり口を設け、バルコニーより茶室へ
連子窓は、大きくとり外の明かりを大胆に茶室取り込む

P1920833.jpg
収納を多く取る工夫 その1【床下収納】
リビング側から収納にアクセスできるので、使い勝手が良い

P1920840.jpg
茶室に炉を切る都合で、茶室の床が上がるので、リビングからのアプローチ部分(茶道口)には、踏み台を設ける
DSC04396.jpg
収納を多く取る工夫 その2【床の間裏収納】
蹴込床の壁を開閉式にして、床の間裏側に収納棚を作る

P1920914.jpg
リビングから茶室が見える
普段は、リビング側の引き戸を閉めて、茶室の存在を消しておく

P1920844.jpg
軸(色紙)と床柱に掛けた花入


posted by 堀 一孝 at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。